老人ホーム 管理栄養士 仕事内容

老人ホーム 管理栄養士 仕事内容

Sponsored Link

 

 

老人ホーム│管理栄養士│仕事内容

 

福祉施設(老人ホーム)で働く管理栄養士ってどんな感じ?

 

管理栄養士の活躍場のとしてはかなりポピュラーな老人ホームですが、施設の種類によっても仕事内容は多少異なります。

 

老人ホームにおいも、高齢者の増加に伴い、栄養管理の重要性が認知され始めました。

 

そういった拝啓に伴い法律も制定され、管理栄養士の役割も大きくなっています。

 

老人ホームと一概に言っても、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、デイケアなど経済状況や身体の状況に合わせて様々な形態のものがあります。

 

管理栄養士の役割としては、個々の健康状態に合わせて適切な栄養管理を行い、栄養量だけではなく食形態(きざみ食、ミキサー食、ゼリー食、ソフト食)など細かく判断し提供しなければなりません。

 

高齢化の進む日本においては、管理栄養士のニーズも高い職場といえるでしょう。

 


 

おすすめの求人サイト▼

 

スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

就業場所は?

 

特別養護老人ホーム、老人介護保健施設、デイサービスなど

 

 

給料・賞与(ボーナス)は?

 

全国ハローワーク求人より▼(老人ホーム全般) 

 

月給12〜30万円(基本給になります。資格手当等含まず)    

 

賞与 0〜5カ月(計二回分)  
※賞与は基本給×〜カ月分を二回に分けて支払われます。

 

病院に比べると給料が低い傾向にありますが、施設によってはかなり待遇が良い場合もあります。

 

Sponsored Link

 

休日はどうなの?

月休6〜9日(シフト制が多い)
年間休日数 96〜123日
特別休暇(夏冬休暇など) 0〜5日
※ハローワークより

 

老人ホームなどの場合、委託を雇っていると施設側の管理栄養士は1人だったりします。

 

そのため、なにかあるたびに駆けつけなくてはならなかったりするので、休日出勤もある場合が多いと聞きます。

 

正月などの休暇がある施設は少なく、行事がある日は大抵出勤ということが多いようです。

 

場所によっては、管理栄養士が3人居たりするところもあり、休日が取りやすい施設もありますが、どちらかといえば休みは少ない方だと思います。

 

 

具体的な仕事内容は?

給食管理※詳しくは病院のページを参考にしてください⇒病院・クリニック

 

老人ホームなどでは長期で利用されている方も多く、その分食事や行事ごとのイベントを重要視する施設が多いのが特徴です。

 

夏には屋台を出してみたり、クリスマスに手作りのケーキを作ってみたりなど、行事ごとの献立もバラエティ豊かで、管理栄養士も楽しんで仕事ができる環境です。

 

ただ、老人ホームでは介護に携わる人員が不足している施設が多いため、介護を兼務という場合も多いと聞きます。

 

老人ホームの場合は、徹底した栄養管理というよりは、低栄養を招かないように食事量が減らない工夫をすることが大切になってきます。

 

料理が好きな人や、イベントごとを考えるのが好きな人には向いているかもしれません。

 

栄養ケアマネージメント

 

栄養ケアマネージメントとは、管理栄養士、医師、看護師、介護士などが連携し入所者の栄養管理計画を作成し、把握することをいいます。

 

入所者ごとに摂食・嚥下能力(噛む・飲み込む能力)、食形態などに配慮し栄養状態の改善から低栄養予防を目的に行われます。

 

最近ではほとんどの老人ホームで行っている業務の一環であり、管理栄養士の主な業務となっています。

 

 

就業時間帯は?

6:00〜20:00

 

施設によってかなり差がありますが、場所によっては早出や遅出がある老人ホームもあります。

 

 

残業はあるの?

 

老人ホームの場合、管理栄養士としての業務だけでなく調理フォローや介護、事務仕事など施設ならではの業務があるところもあります。

 

そのため、管理栄養士としての業務が滞ったりすることもあり、残業が多いという声も聞きます。

 

しかし、病院と比較すると残業は控えめという施設も少なくありません。

 

委託が入っている施設もかなり多いので、1人栄養士ということもあるため自分の仕事の進歩状況によってはかなり残業があるかもしれません。

 

 

転勤や異動はあるの?

 

同系列の施設がある場合異動があることもしばしばあります。

 

老人ホームの場合、系列が一緒の施設をいくつか持っているところも多いので、異動も考えられます。

 

老人ホームの就職に有利な関連資格は?

 

介護施設全般で必要とされるのはやはりヘルパーの資格になります。

 

施設によりますが、管理栄養士として採用されても介護業務ををしなければいけないところも少なくありません。

 

そのため、ヘルパーの資格を持っているとかなり就職活動にも有利になります。

 

介護業務をしなくてもいい施設においても、やはりヘルパーの資格を持っているだけで意識が高いと思われることも多く、就職活動には有利です。

 

これからの高齢化社会に向けても強みになる資格でしょう。

 

⇒ホームヘルパー 通信講座の無料資料請求はこちら

 

就職活動

 

老人ホームの場合は給料や介護兼務といった業務内容によって求人の倍率に差があります。

 

いくら給料が良くても、介護職を兼務している病院はやはり人気がないようです。

 

介護は大変な仕事ではありますが、直接利用者と関わることができるので、勉強になることも多いと思います。

 

最初は介護兼務のところで働いた方が後々自分自身の力になると思います。

 

ちなみに新卒での採用も病院と比べると求人も多いので、ある程度施設で経験してから病院へ進むといった人も多い傾向にあります。

 

ちなみ老人ホームなどの介護施設を主に扱っている求人サイトがあるので、興味がある方は是非登録してください。

 

おススメ⇒スマイルSUPPORT介護

 

トップへ戻る




おすすめサイト