管理栄養士国家試験勉強法 概要

病院管理栄養士が教える国家試験勉強法

Sponsored Link

 

 

病院管理栄養士が教える国家試験勉強法の概要

 

この勉強法が大学や通信教育と違う点は、教科ごとの難易度や点数の取りやすさ、問題の傾向などを把握して時間のかける教科とかけない教科を完全に分け、過去問を中心に勉強するというところです。

 

過去問を解いたり、過去問を中心に勉強するという部分は同じです。

 

大学や通信教育などでは過去問の解説はしてくれますが、勉強する教科の効率的な順序やそれぞれの教科にかける時間などは教えてくれません。

 

そのため、暗記では点数の取れない教科で暗記しようとしたり、過去問を簡単にやっておけばいい教科に無駄に時間をかけたりしてしまいます。

 

もちろん自分で勉強をしていく中で、段々と勉強の方法を確立することもできますが、確立するまでには時間がかかるためその部分を省略しようということです。

 

このサイトでは各教科ごとの内容と把握を行い、科目ごとにに勉強する順序と勉強方法を教えます。

 

自分だけではなかなか勉強が進まない人やどこから手を付けたらいいのか分からない人には特におすすめです。

 

あくまで、勉強方法を教えるだけなので、過去問の解説などは行いません。

 

解説は学校や通信教育、又はクエッションバンクで見れば十分です。

 

解説をしているサイトも数多くありますのでそちらを参考にしてください。

 

勉強に必要なものを最低限載せておきます↓

 

勉強に必要なもの▼

必須の参考書

・クエッションバンク最新版
・解説付きの過去問題集(5年分)

 

あった方が良い参考書

・生化学や生理学、臨床栄養学などの教科書

Sponsored Link

クエッションバンク(以下QBに省略)と解説付きの過去問は必ず用意しましょう。

 

QBだけで勉強するとかなり難しいので、必ず5年分の過去問題集を買いましょう。

 

参考として使う教科書類はできれば年代の新しいものが良いと思います。

 

臨床栄養学などは検査値や診療報酬が異なっていたりするためです。

 

生化学や生理学はそこまで変更がないと思いますので少し古くても使えます。

 

 

以上が勉強法の概要になります。

 

次の記事から具体的な勉強方法をまとめていきますので、ご参照ください。

 

 

 

トップへ戻る




おすすめサイト