出題傾向の把握 基礎栄養学

病院管理栄養士が教える国家試験勉強法

Sponsored Link

 

 

出題傾向の把握 基礎栄養学

 

基礎栄養学 概要

 

概要

出題数

14問(28年度も変更なし)

内容

基礎栄養学

難易度

 

勉強期間

2か月

出題範囲

狭い

関連科目

人体

基礎栄養学は問題数が少ないものの、基礎的な知識があれば解ける問題が多く意外と点数の取りやすい科目になります。

 

人体を勉強した後に勉強すると理解しやすいと思います。

 

ただし、問題は毎年まんべんなく出るので、過去問の暗記だけを行っていると点数が取れない可能性が高くなるので避けましょう。

勉強方法と対策

この科目に関しては、しっかりと栄養学の基礎知識を養うのがポイントになります。

出題傾向の把握

まずはこちらに見てください⇒年代別の出題内容

 

この表をもらうとある程度どこから勉強していけばいいかわかると思います。

 

糖・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラルなど、各栄養素の機能と吸収・代謝経路をしっかりと勉強しておくと点数は確実に取れます。

 

時事問題や応用的な問題はほとんどないため勉強はそこまで難しくはないですが、苦手な人も多いため、ある程度は時間を取って勉強しましょう。

 

その他の問題に関しても、人体と似たような内容が多く、人体をしっかりとやっておけば自然と解けるようになります。

 

問題数は少ないですが、14問全問正解するくらいの気持ちで勉強するといいと思います。

 

一応基礎栄養学も年代別の出題内容を載せておきます。参考にしてください。
⇒年代別出題内容

トップへ戻る




おすすめサイト