出題傾向の把握 応用栄養学

病院管理栄養士が教える国家試験勉強法

Sponsored Link

 

 

出題傾向の把握 応用栄養学

 

応用栄養学 概要

 

概要

出題数

16問(28年度も変更なし)

内容

栄養学

難易度

 

勉強期間

1〜2か月

出題範囲

狭い

関連科目

基礎栄養学・栄養教育論

応用栄養学は妊娠期や幼児期、高齢期など、それぞれの期間についての知識が問われます。

 

期間に応じて食事摂取基準の数値や栄養状態の指標、関連する法律などを勉強する必要があります。

 

応用栄養学が簡単という人も多いですが、個人的には数値などの覚えにくい内容が多く、多少は時間を使わなければ解くのが難しいと思います。

 

基礎栄養学の後に勉強すると、覚えやすいです。

勉強方法と対策

この科目に関しては、範囲が狭いものの、数値などの暗記しにくい内容がメインとなるため、暗記用のノートなどを作りまとめておくといいと思います。

出題傾向の把握

まずはこちらに見てください⇒年代別の出題内容

 

この表を見ると、全体的に同じ出題内容が多く、勉強自体はしやすいと思います。

 

いくつか覚えるポイントを押さえておくといいと思います。

 

覚えるポイント
・各期間における食事摂取基準の数値
・各期間の身体的特徴や関連する疾病、栄養ケア
・栄養ケアマネジメントの基礎的な知識
・特殊環境化における生理学的変化

 

このポイントを参考にしてQBなどで勉強しましょう。

 

食事摂取基準の数値以外は、常識的なレベルで解けるような問題も多いのでそこまで時間はかからないと思います。

 

暗記ノートや単語帳などにまとめて勉強するといいと思います。

トップへ戻る




おすすめサイト