出題傾向の把握 臨床栄養学

病院管理栄養士が教える国家試験勉強法

Sponsored Link

 

 

出題傾向の把握 臨床栄養学

 

臨床栄養学 概要

 

概要

出題数

30問(28年度より28問)

内容

臨床栄養学

難易度

 

勉強期間

4〜6か月

出題範囲

広い

関連科目

人体

臨床栄養学は人体の構造と機能の応用と言ったところでしょうか。

 

人体の分野で基礎的な体の仕組みを勉強し、それを疾病に照らし合わせるような感じで勉強すると理解がしやすいかと思います。

 

この科目は病院などにおける管理栄養士の役割の変化により、年々難易度が上がり、より専門的な知識を問われるようになっています。

 

問題数も30問と多いため、この科目をはずずと国家試験合格へは遠のいてしまいます。

 

しっかりと時間をかけて勉強し、問題を理解して解けるようにしておきましょう。

 

勉強方法と対策

まずは臨床栄養学の出題傾向を見てみましょう⇒問題の概要と出題数

 

出題傾向を見てみると、頻出問題もありますが広域にまんべんなく出題されていることがわかります。

 

特に毎年2問程度は出題されるのが症例検討問題です。

 

症例検討問題を解くにはしっかりと単語の意味や検査値を覚え、そして応用が効く理解力を身につけなければいけません。

 

その他の問題に関しても、年々専門的で比較的深い知識が必要になってきているので時間をかけて勉強する必要があります。

 

過去問を一問一問見ながら、わからない単語をQBや参考書で調べ、関連法規や各疾病・病態別の栄養ケアの方法を理解しましょう。

 

そして検査値なども暗記し、その検査値がどの疾患に当てはまるのかも理解しておきましょう。

 

臨床栄養学は過去問を理解しながら解くことが最も重要なポイントになります。

 

できれば、症例検討問題を人に説明できるようになるくらいまで徹底的にやっておきましょう。

 

臨床栄養学は出題傾向・頻出問題に関わらず、幅広く勉強することが高得点を狙う近道になります。

 

トップへ戻る




おすすめサイト