出題傾向の把握 栄養教育論

病院管理栄養士が教える国家試験勉強法

Sponsored Link

 

 

出題傾向の把握 栄養教育論

 

栄養教育論 概要

 

概要

出題数

15問(28年度も変更なし)

内容

栄養指導論・栄養教育関連

難易度

年代によって差がある 

勉強期間

1か月

出題範囲

狭い

関連科目

社会、環境・応用栄養・公衆栄養

栄養教育論は毎年難易度が上がっていると言われていますが、ある程度は常識レベルで解けるような問題が多いと思います。

 

その年によっては試験を作った人の主観的な問いが強く、対策しにくい科目と言えるでしょう。

 

対策していても絶対に解けないないような難問があったりします。

 

しかし、過去問で勉強していればある程度の点数は取れるので全体的な難易度は低い科目になっています。

勉強方法と対策

栄養教育論の場合は過去問のやり直しを簡単にやっておけばいいと思いますが、一応対策を書いておきます。

 

⇒栄養教育論年代別出題内容

 

出題傾向を見てみると、ほとんどが一定した内容で、過去問をやっていればある程度は点数が取れるというのがわかると思います。

 

応用的な問題はそう多くないため、基礎的な知識があれば解ける問題ばかりです。

 

他の科目、応用栄養や公衆栄養と似たような内容(ライフステージ別の指導や栄養マネジメントなど)があるので、一番最後に勉強しても簡単に理解できます。

 

私の場合はほとんど栄養教育論は勉強せず、過去問を解くくらいでした。

 

国家試験一か月くらい前にQBで最低限の知識を補充したくらいで充分点数は取れました。

 

後は、主観的な内容の問題がたまにあるので、よく問題を読み、作り手の考えを想像をしながら解いてみるといいと思います。

トップへ戻る




おすすめサイト