出題傾向の把握 給食経営管理論

病院管理栄養士が教える国家試験勉強法

Sponsored Link

 

 

出題傾向の把握 給食経営管理論

 

給食経営管理論 概要

 

概要

出題数

20問30問(28年度も変更なし)

内容

給食経営管理論

難易度

 

勉強期間

1〜2か月

出題範囲

狭い

関連科目

特になし

給食経営管理論は人によって得意不得意が分かれる科目です。

 

授業では法律に沿った細かいことを長々と教えられるため、あまり面白いといえる分野ではないためでしょう。

 

しかし国家試験の問題はそこまで応用的なものはなく、過去問で勉強しておけば点数が取りやすい科目になります。

 

ただ、各種法律に関する施設の特徴やマニュアルなど、覚えることも多いため2カ月程度は時間を取った方がいいと思います。

勉強方法と対策

出題内容はこちらを見てください⇒給食経営管理論の五年分出題内容

 

五年分の出題内容を見てみると、毎年問題自体はそこまで変わっていないことがわかると思います。

 

ポイントとしては
・大量調理衛生管理マニュアル
・健康増進法と特定給食施設
・入院時食事療養
・食材、調理、衛生管理

 

このポイントを押さえ、過去問を解きながら単語を覚えていれ¥けば実際の試験で最低でも7〜8割は取れるとも思います。

 

特に目新しい問題は出ないので、しっかりと過去問で勉強することが重要になります。

 

比較的点数の取りやすい科目なので、頑張って勉強しましょう。

トップへ戻る




おすすめサイト