時間がない人の試験勉強法

病院管理栄養士が教える国家試験勉強法

Sponsored Link

 

 

時間がないという人におススメしたい勉強法

 

勉強する前に勉強の方法を考える

 

試験で勉強したのに、思ったよりよりも点数が取れていなかったという人いませんか?

 

そういう人の特徴は、勉強方法自体が間違っている可能性が高いです。

 

明らかに覚えなくてもいいようなところに時間をかけて勉強したり、闇雲に勉強を始めたために無駄な時間を使ってしまって肝心の部分が理解できていなかったりします。

 

本当に勉強ができる人というのは、頭に入れるべきものを取捨選択してから勉強を始めます。

 

世の中に天才と呼ばれる人は確かにいますが、それはほんの一部で、勉強ができるほとんどの人は要領を押さえて物事をこなしているだけです。

 

もし、何かしらの試験があったとして、その教科に対してはどのように勉強をすればいいのかをまずは考えてみましょう。

 

・単語を暗記すれば解けるような内容なのか?

 

・しっかりと理解して応用が効くようになる必要があるのか?

 

・どこを中心に勉強すれば効率がいいのか?

 

このようにまずは対策を考えてみましょう。

 

料理を作るときもそうだと思いますが、調理中にレシピを見ながら作るのと

 

予め頭の中に調理過程を叩き込んでから作るのでは明らかに後者の方が要領よくこなすことができます。

 

勉強も同様で、頭の中に予め勉強方法のレシピを作っておくようにすると効率よく進めていくことができます。

 

時間がない中で勉強するために、どこをどのようにして勉強すればいいか一度考えてみてから勉強してみましょう。
Sponsored Link

勉強する習慣を身につける

 

勉強ができない人のほとんどは勉強する習慣がありません。

 

人間の記憶力はそこまであてにできるものではなく、1週間も経てば忘れるようにできています。

 

せっかく覚えたことを復習しないと、結局は勉強した時間が無駄になってしまいます。

 

勉強する習慣を身につけるポイントがいくつかありますので、実践してみましょう。

 

ポイント

@勉強しなければ、どういうデメリットが自分にあるか考える
 ⇒「〜をしなければ自分がどうなるのか」を考えることで前向きに物事を取り組める

 

A机の上に、常に教科書や参考書を開いて置いておく
 ⇒人は目の前にあるものを優先して考える本能があるため、優先にすべきものを目の前に置いておく

 

B5分間何も考えず、目を瞑る
 ⇒寝るわけではなく瞑想をして、集中力を高める

 

C勉強を始めても集中できない時は、机か椅子を動かして自分を机に近づける
 ⇒集中すべき対象をできるだけ近くに寄せることで、脳が活性化する

 

Dどうしても眠たい時は15〜30分間程度、タイマーをかけ、机にうつぶせて寝る
 ⇒睡眠が誘発されると集中力や記憶力が途切れるため、諦めて寝る
 ⇒15分間隔で睡眠を取ると、最も効果的
 ⇒うつぶせで寝ることで深い睡眠ではなく浅い仮眠を取るようにする

 

この5つのポイントは集中力を高め、習慣を身に付けるための方法で、心理学や脳科学的に証明されてます。

 

今すぐ、誰にでも取り組めるような内容になっています。

 

ついつい、しなければいけないことを後回しにしてしまうという人は一度試してみてください。

 

トップへ戻る




おすすめサイト