二糖類(少糖類・オリゴ糖)

栄養士の基礎勉強講座〜わかりやすい生化学〜

Sponsored Link

二糖類(少糖類・オリゴ糖)

 

2個以上10個以下程度(厳密には決められていない)の単糖がグリコシド結合した糖を、一般的に少糖類(オリゴ糖)と呼びますが、天然に存在するほとんどが二糖類です。

 

二糖類は一般的に還元性二糖類非還元性二糖類に分けられます。

 

※酸素を奪い、水素と化合する性質(又は電子を受け取る)を還元性と呼ぶ。酸化と逆の反応

 

主な二糖類

 

名称

構成糖

結合の種類

含有食品

 

還元性二糖類

 

マルトース(麦芽糖)

グルコース+

グルコース

α-1,4結合

麦芽、はちみつなど

ラクトース(乳糖)

ガラクトース+

グルコース

β-1,4結合

牛乳など

非還元性二糖類

スクロース(ショ糖)

α-グルコース+

β-フルクトース

α-1,β-2結合

サトウキビ、砂糖

Sponsored Link

結合の種類について
分からない人もいると思うので、画像で説明しておきます。
かなり省略していますが、αとβの違いと数値についてはわかると思います。
水酸基(OH)が下部にあるものをα、上部にあるものをβとして表しています。
数値はそれぞれ何番目の炭素(C)が結合しているのかという番号を指しています。


ちなみにショ糖の場合は、α型(水酸基が下部にある)のグルコースとβ型(水酸基が上部にある)のフルクトースが結合しているため、α-1,β-2結合となります。

トップへ戻る




おすすめサイト