糖質代謝におけるATP産生量

栄養士の基礎勉強講座〜わかりやすい生化学〜

Sponsored Link

糖質代謝におけるATP産生量

 

糖質代謝においては、嫌気的条件と好気的条件でのATP産生量は異なります。

 

嫌気的条件下では解糖系で2ATPを産生できるのに対し、好気的条件下においては解糖系及びクエン酸回路、シャトル経由における電子伝達系で36〜38ATPを産生することができます。
※各臓器によって異なる。

 

好気的条件下のATP産生

 

1分子のグルコース当たりの好気的条件下におけるATP産生

@解糖系 グルコースのリン酸化で1ATP使用 −1ATP
A解糖系 フルクトース6‐リン酸のリン酸化で1ATP使用 −1ATP
B解糖系 2分子の1,3ビスホスホグリセリン酸の脱リン酸化で1ATP×2 +2ATP
C解糖系 2分子のホスホエノールピルビン酸の脱リン酸化で1ATP×2 +2ATP

D解糖系⇒シャトル経由⇒電子伝達系
2分子のグリセルアルデヒドの酸化で生じたNADH2が、電子伝達系で酸化的リン酸化で2ATP×2又は3ATP×2 (NADH2)

筋肉・脳:+4ATP
肝臓・心臓・腎臓:
+6ATP

Eクエン酸回路⇒電子伝達系 2分子のイソクエン酸の酸化で3ATP×2
(NADH2)

+6ATP

Fクエン酸回路⇒電子伝達系 
2分子のα‐ケトグルタル酸の酸化で3ATP×2 (NADH2)

+6ATP

Gクエン酸回路⇒電子伝達系 
2分子のスクシニルCoAからコハク酸生成過程の基質レベルのリン酸化で
1ATP×2

+2ATP

クエン酸回路⇒電子伝達系 2分子のコハク酸の酸化で2ATP×2
(NADH2)

+4ATP

クエン酸回路⇒電子伝達系 2分子のリンゴ酸の酸化で3ATP×2
(NADH2)

+4ATP

   合計  筋肉・脳=36ATP / 肝臓・心臓・腎臓=38ATP  

 

 

トップへ戻る




おすすめサイト