サプリメントの選び方と基準

サプリメントの選び方と基準

Sponsored Link

サプリメントの選び方と基準

 

そもそもサプリメントってなに?

 

「サプリメントって何?」と聞かれても、答えられない人は多いのではないでしょうか?

 

サプリメントを正確に言うと、医薬品と食品としての性格を持ち、かつ原材料が食品であるものを指します。

 

簡単に言うと、身体に対して何らかの効能をもたらす食品という意味になります。

 

あくまでサプリメントは医薬品ではなく、食品の位置づけであるということです。

 

普通の食品と違い、味覚や食欲を満たす目的ではないこと、つまりは健康の維持増進を目的として利用されるということです。

 

しかしながら、アメリカでは法律でサプリメントを定義分けされているのにも関わらず、日本では法律化されていないというのが現状です。

 

つまり、日本では医薬品の分類に含まれず、健康を目的とする食品を定義上サプリメントと呼んでいるに過ぎないのです。

 

そのため、日本では効能が科学的に証明されていない詐欺まがいのサプリメントが世に出回っています。

 

保健用機能食品(トクホなど)は、国が認めたサプリメントの一種で、科学的根拠に基づき審査されたものをそう呼ぶことができます。

 

それ以外のサプリメントは基本的に国が認めているものではないということです。

 

ただし、保健用機能食品に選ばれるには非常に時間とお金がかかります。

 

余程の大企業ではない限り、審査に通ることは希なのです。

 

そのため、良質なサプリメントがあってもなかなか一般の人では判断しづらく、選択に迷ってしまうということがあります。

 

私は以前、病院で管理栄養士として色んな患者さんの栄養指導を行っていました。

 

サプリメントを服用している患者さんは多かったのですが、実際に体にどのようにして働いているのかを知らない患者さんも多かったという経験があります。

 

そのため、私はサプリメントの種類や効果を調べ、患者さんへより良いサプリメントの選択ができるように指導していました。

 

 

 

サプリメントを購入する前に

 

最近眼が疲れやすい、体がなんかだるい、頻尿気味だな。。。サプリメントでも試してみようかな

 

なんて思ってはいませんか?

 

サプリメントを購入する前には、必ず症状に対する原因を突き止めましょう

 

その原因を考えずに大まかな症状で判断しサプリメントを購入してしまうために、大勢の人がサプリメントに無駄なお金を使ってしまっているのです。

 

例えば、医師が患者を診断し処方箋を出す時に、「この人は眼が疲れやすいからこの薬でいいかな?」などと簡単に薬を出したりはしませんよね?

 

普通はどういう原因で眼が疲れやすいのか、それは生活週間から来ているのか、眼自身に何らかの原因があり、細かい検査が必要なのかどうか、など色々な要素を考えてみてから処方箋を出します。

 

あなたが病院にいってなんとなくで薬を出されたら不安に思いませんか?

 

サプリメントが薬ではないと言っても、必要のない成分を毎日飲んでいるとむしろ健康を損なう可能性があります

 

サプリメントなどの健康食品を選ぶときはしっかりとその成分が自分の症状や原因に合っているのか判断して、選ぶようにしましょう。

 

 

簡単に勧められたものやテレビやネットの情報を信じない

 

最近では大手のドラッグストアなどで薬剤師や管理栄養士などに相談し、勧められたサプリメントを購入する人も増えています。

 

しかし、私はあまりオススメしません。

 

その理由はドラッグストアなどでは売上の貢献を主に考えて、サプリメントなどを進める専門職種の方も少なくはないからです。

 

しかも、そこまで相談に時間をかけてはいないため、本当にその人に合っているのかどうかなどの判断ができていない場合がほとんどだと思います。

 

もし、ドラッグストアなどで購入を検討される場合はそこにいる薬剤師や管理栄養士に自分の納得いく説明ができるのかどうか判断してからにしましょう。

 

あまり言いたくはないですが、ドラッグストアなどで働いている方は専門職種でありながらも大した知識がない方もいらっしゃいますので注意しましょう。

 

それと、テレビやネットの情報をむやみに信じ込むのはやめましょう。

 

テレビなどで紹介されているサプリメントは、ほとんどの場合、根拠が曖昧だったりします。

 

私はそういったものを勉強しているからですが、テレビのCMなどで紹介されているものは本当に怪しいです。

 

明らかに適当なことを言っているのがほとんどだと断言できます。

 

もっとも、薬事法などで表示などの規制があるためにその効果を直接的に言うことができないという理由はあります。

 

〜に効く、〜が治るなどといった言葉は基本的に禁止されていますので。

 

あとはネットでの情報は本当に注意してください。

 

私が見る限り、薬事法が守られていないサイトがかなり多いように感じます。

 

薬事法に触れているということは、違法行為となるのです。

 

警察も違法となる広告があるのはわかっていても、ネットという大きな市場ではなかなか取り締まれていないのが現状です。

 

「甘い言葉には罠がある」皆さんも十分理解した上で、購入・使用するようにしましょう。

 

 

生活週間を見直してみる

 

最後になりますが、明らかに食生活や生活習慣に問題がある場合、ほとんどの場合サプリメントでは解決しません。

 

毎食炭水化物ばかりの人や毎日徹夜で疲れている人がサプリメントを摂っても症状は治りません。

 

サプリメントはあくまで補助的な役割しかしてくれないのです。

 

明らかに問題があるのに、それを補助的な役割のサプリメントでは補いきれないのです。

 

まずは最低限自分の生活習慣を見直し、改善できるところは改善し、それでも不足してしまうような場合に限ってのみサプリメントで補うようにしましょう。

 

トップへ戻る




おすすめサイト