病院管理栄養士の就活・転職│新卒│就活のポイント

病院管理栄養士の就活・転職│新卒│就活のポイント

Sponsored Link

 

 

新卒│病院管理栄養士の就職活動│ポイント

 

病院の管理栄養士は人気が高く、新卒での採用はほとんどありません。

 

ハローワークなどの一般公募の場合、実務経験が〜年以上となっているものが多いです。

 

大学に求人も来るとは思いますが、新卒で求人を出している場合、待遇があまり良いとは言えないような気がします。

 

極端に休日数が少なかったり、基本給が10万円程度であったり、病院によってはかなりブラックな場合もあるので注意した方がいいと思います。

 

私が大学生の頃は、ハローワークにも登録し就職活動をしていました。

 

その他には、インターネットで通える範囲内の病院を探し、それぞれの病院のHPを見て採用情報を確認していました。

 

たまにHPからの求人情報のみで、公募を募っていない場合もありますので、HPを確認する方が良いと思います。

 

それでも決まらなかった場合は、病院に直接電話をかけ、先々採用する予定がないか聞きます。

 

もし可能であれば、就職に関わらず見学などもお願いしてみましょう。

 

意外と声をかけてくれる人もいらっしゃいます。
※実際に私は何箇所か見学させて頂き、数カ月後に連絡をいただいたことがありました。

 

 

新卒 病院管理栄養士の就職活動のポイント

 

・新卒だとかなり難しい

 

⇒新卒という時点で応募すらさせてくれないところも多い

 

・新卒で募集していても、求められるのはできる限り即戦力になる人材

 

⇒大学でどれだけ学んできたのかを問われる

 

⇒国家試験の勉強だけでは不十分

 

・調理業務がある病院は比較的応募者が少ない傾向にある

 

・栄養士採用でも直営に入れれば十分チャンスがある

 

⇒女性が多い職場なので辞める人も多いので

 

※私の病院では、1年で管理栄養士が3人辞めました。

 

・学校内で臨床分野を担当している先生と仲良くなっておく
⇒紹介してくれる場合もあるので

 

・一般的な就職対策だけでは不十分

 

⇒臨床分野を徹底的に勉強する

 

⇒臨床に関わる卒業論文や卒業研究を選ぶ

 

Sponsored Link

 

最後に▼
管理栄養士として病院で働くのは本当に難しいことです。

 

大学生のうちに国家試験の勉強だけでなく、どれだけ臨床分野に対して興味を持ち、勉強してきたかが問われます。

 

もし委託給食で働いている人なら、普段の業務に+αで臨床分野の勉強や情報収集をしておく方がいいと思います。

 

友人などにも委託で経験を積んでから、病院でと考えていた人も多かったですが、実際に働くことができるのはごく一部です。

 

就職にはタイミングや運も勿論ありますが、結局は今までに自分がやってきたことの裏返しになるので、勉強は怠らないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る




おすすめサイト