栄養士を辞めたい!栄養士を辞めたいときの理由別対処法

栄養士を辞めたい!栄養士を辞めたいときの理由別対処法

Sponsored Link

栄養士・管理栄養士 仕事を辞めたい悩みに

 

全く違う仕事をしたい (栄養士・管理栄養士としての仕事はをしたくない)

 

他業種の探し方 (栄養士や管理栄養士以外の仕事で特に何がしたか決まってない人向け)

 

なかなか仕事を辞めることができない、職場が辞めさせてくれない

 

仕事の辞め方

 

短期で退職を考えている

 

短期で退職したら転職に影響するの??

 

栄養士を辞めたい理由別の対処法

他業種の探し方 (栄養士や管理栄養士以外の仕事で特に何がしたか決まってない人向け)

 

私も今でこそ病院で管理栄養士として働いていますが、過去、栄養士ではない仕事に就いたことがあります。

 

大学を卒業し、始めは委託会社に就職しましたが本当に労働条件も労働環境も悪く、なんのために大学に行ったのかわからなくなりました。

 

私は栄養士の仕事内容自体は好きなんですが、どうしても給料が安い・残業が多いといった面に対して納得いかずに、違う仕事がしてみたいと思い

 

就職活動をし直して、一般の会社に就職しました。

 

その会社では食品関連の営業だったのですが、人見知りで仕事で患者さん以外とそこまで関わったことがなかった私には荷が重いなと最初は思っていました。

 

しかし、せっかく内定をいただき今までとは全く違う業種で働けるチャンスを得たので、とりあえず頑張ってみることにしました。

 

結局二年程度でその仕事も辞め、また管理栄養士として働きたいと思い今は病院で働いていますが、そのときの経験は今でも様々なところで役に立っていると思います。

 

このサイトの運営を始めたのも、食品会社で専門的にパソコンを使っていて多少知識があったのがきっかけになりました。

 

恐らく栄養士として働いているだけだったらサイトは作れていません。

 

その会社の人でも未だに交流のある方もいらっしゃいますし、どうしても専門職の栄養士に欠けてしまう一般的な社会常識も学ぶことができました。

 

色々言うと反感を買いそうですが。。。栄養士だけとは限りませんが病院などで働いているとどうしても外との関わりが少ないので

 

社会的な常識というものに欠けている人が多いと感じることがあります。

 

例えば、普通にあいさつができない、敬語の使い方がわからない、冠婚葬祭のマナーがわからない等々、、、これは実際に病院で働いている人なら

 

わかるのではないでしょうか?

 

栄養士は病院の中でも尚更ですが、外の人との密に関わることもそうないので、経験する機会が少ない人が多いんです。

 

だからずっと栄養士としてか働いていない人は、頭も固いし、社会常識的なものがかけている人が少なくとも他の業種よりも多いと他の職種を経験したからこそ私は思います。

 

実際のところ、栄養士がよく口にするのが「給料が安くて重労働」といったことですが、大抵は他の仕事もしたことない人が言うことです。

 

栄養士でも楽な職場もあれば、給料の良い職場もあるんです。

 

このサイトを運営していて、稀にですが栄養士を辞めいという相談がメールでくることがあります。

 

そういうとき私は必ず、「栄養士以外の仕事をしてみてはいかがですか?」と提案します。

 

仕事に不満ばかりの栄養士ですが、それでも栄養士を続ける人の多くは栄養士以外の仕事をする勇気がないだけなんです。

 

少し踏み出す勇気と新しい仕事に慣れるまで耐えることのできる精神力さえあれば、大抵の仕事はこなせます。

 

それに、他の仕事をしてみて、そっちの方が自分に合う可能性もあるんですよね。

 

例えば、アパレルで働いてみたり、サプリメントの会社だったり化粧品の販売だったり、色んな可能性があるのに「私には栄養士しかない」と括るのは

 

人生を無駄にしていると思います。

 

資格を持っていればいつかまた栄養士・管理栄養士として働きたいと思えば、働きなおすことも難しくありません。

 

もしこの記事を見ている栄養士の方で「栄養士辞めたいなー」と思ったなら、一度全く関係のない仕事をしてみてはいかがでしょうか?

 

私が転職したいなーと思っていた時に使っていた転職サイトのURLをを載せておくので、

 

登録だけでもしておいて、もし興味がある仕事があれば相談してみてください。

 

必ず役に立ちます。

 

リクルートエージェントは様々な業界や職種に対する専門的な知識を持った転職アドバイザーがあなたの転職を導いてくれます。
一度、試してみてください。↓※登録は簡単にできます

 

リクルートエージェント

仕事の辞め方

 

私自身経験がありますが、栄養士・管理栄養士として働いていてなかなか辞めさせてくれないという人も多いのではないでしょうか?

 

人手不足の多い栄養士・管理栄養士の職場では、辞めると言いにくい雰囲気があったり

 

退職届を渡したのに受理してもらえなかったりということがよあくあります。

 

本当は退職届を出した時点で法律上は必ず受理しなければならないのですが、

 

実際はこういったケースがほとんどでなかなか仕事を辞めれない人がほとんどです。

 

辞めたいのになかなか辞めれずに、だらだらと1年2年そこで働いている人もよく聞きます。

 

私はなにかやりたいことがあってもなくても、今現在の職場にメリットがないと感じるなら、

 

さっさと辞めてしまいます。※そこまで短期で退職したことは多くないですが

 

辞めたい理由も、給料が安かったり、人間関係でストレスが多かったり、残業が異常に多かったり、パワハラモラハラが横行したりと

 

様々あると思いますが、時間の無駄ではないでしょうか?

 

例えば、給料が月給二万円高かったら年間で24万円も変わってきますし、

 

残業や休日出勤がもっと少なければ趣味に費やせる時間も増やせます。

 

仕事が趣味という人は構いませんが、私自身かなり大人になってきて、仕事ばかりではなく

 

趣味をしっかりと持ってプライベートと仕事を分けれていることが本当に大切だと感じています。

 

本題に入りますが、職場が退職させてくれない場合の対処法として二つあります。

 

1、退職届を出して記載した日付から出勤しない方法

 

2、今流行りの退職代行業者に依頼する

 

 

1、退職届を出して記載した日付から出勤しない方法 (必ず写真などでを証拠を残す)

 

法律上2週間前に伝えた場合、本来は必ず雇用主は退職を受理しなければなりません。(会社から要望を飲んだ場合を除く)

 

そのため、法律上は退職届を出せば記載した日付から退職する必要はありません。

 

しかし、悪徳な企業や施設などでは退職届を勝手に破棄したり受理しなかったりする場合もあります。

 

実際に委託給食ではそれが横行していますが、完全な法律違反です。

 

そのため、もし退職届を出す場合はスマホでもなんでも大丈夫なので提出した証拠を残しておくようにします。

 

退職届をプリンターでコピーしておいてもいいです、

 

あとで何を言われても証拠を残していれば、必ず退職を受理してくれます。

 

しかし、もし心配になって退職日を過ぎて出勤してしまった場合は退職の意思がないと思われるので絶対に出勤してはだめです。

 

制服など会社から借りているものも、最悪宅配便で送っても問題ありません。

 

 

 

この退職方法にはデメリットもあります。

 

法律上はなんの問題もありませんが、退職後に若干困ることもあります。

 

こういった辞め方をした職場とはもう連絡をとりたくないと思う人も多いと思いますが、

 

離職票などの退職後の書類を送ってくれない場合があるので辞めた後も連絡を取る必要がやはりあります。

 

離職票がなければ雇用保険が下りなかったり、次の転職先に提出しなければいけないこともあります。

 

 

2、今流行りの退職代行業者に依頼する

 

最近ニュースなどでもよく見かけますが、退職代行業者に依頼するも一つの手だと思います。

 

確実に辞めたい人や、退職後に連絡を取りたくない人、揉めたくない人にはおすすめの方法です

 

1、の方法も法律上なんら問題ありませんが、基本的に退職届を出しても2週間は出勤しないといけないため確実に辞めるのが難しい場合もあります。

 

上司や同僚などに止められるとなかなか辞めにくいというのもあるので。

 

私が紹介できる退職代行業者は退職代行「EXIT」というメディアでもかなり取り上げられている実績のある代行業者です。

 

退職代行のメリット・デメリット

 

 

 

・必ず退職できる
退職に失敗したケースはない

 

・即日退職できる
条件にもよりますが、基本的には提携が済んで要望があればすぐに退職できる

 

・会社と連絡を取らなくてもいい
基本的には会社と連絡を全く取らずに退職できます。※まれに会社から連絡がありますが無視してもOK

 

・書類関係
離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類も会社に伝えてくれる

 

・寮などの社宅でも可能

 

デメリット

 

お金がかかることです。

 

正社員 5万円  パート・アルバイト 3万円

 

この費用が安いか高いかはわかりませんが、退職代行を利用しての退職が増えているは事実です。

 

lineでも簡単に相談は可能ですので、どうしても仕事が辞めれず悩んでいる人は退職代行「EXIT」で相談してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短期で退職したら転職に影響するの??

 

新卒・又は転職したばかりの場合
恐らく悩むことは色々とあると思いますが、大抵の場合、短期で仕事を辞めたら転職先に困るのではないかという悩みです。

 

今現在働いている職場よりも条件が悪くなる可能性をどうしても考えがちです。

 

実際に面接でも必ずと言っていいほど聞かれます。

 

ですが、思っている以上に面接官はそこまで短期で退職した理由に対しては興味はありません。※私も現在面接しているので。

 

一応聞くようにはしていますが、理由どうこうよりも辞めた理由の説明の仕方に注視します。

 

明らかにゴマかしたり、嘘をつく人や、

 

最近流行っている一番面接官が聞きたくない言葉「〜ハラが、〜ハラがあって」という言葉で説明してしまう人は余程の人手不足でない限り取りません。

 

それが本当に酷いパワハラやモラハラがあったとしてもです。私たち面接官は実際の場面を見ているわけではないので、話を盛ってる?と疑ってしまいます。

 

短期退職の説明で一番当たり障りがないのは、辞める理由になったことを正直に〜ハラなどという流行り言葉を使わずに説明し、辞めたことを後悔してないことを
しっかりとアピールすることです。

 

辞めたことを後悔しているような発言、辞めなければよかった、もう少し頑張ればよかった、などということは言わない方がいいです。なら転職せずに、そこに謝って戻してもらい、そこで働けばいいのにと思ってしまいます。

 

新しく働くときにこれからどんな仕事をしていきたいかを明確にして説明できるようにしましょう。

 

栄養士・管理栄養士の人はかなりの確率で短期で退職した経験や無断欠勤の後に連絡せずに辞めたりなどの過去があります。

 

私もそういう経験があるので気持ちはとてもよくわかります。

 

ただ、辞めた理由を聞かれてうろたえて辞めたことにうじうじしている人よりも切り替えて新しく仕事を始めようと思ってる人の方が一緒に働きたいと思いますので。

 

一度栄養士・管理栄養士を辞めたのに、また同じ職業を選んで働こうとしていることはとても良いことです。

 

一度短期で辞めてしまったからといってクヨクヨするのではなく、あくまで前向きに考えて転職活動をすればいつかは自分にあった職場が必ず見つかります。

 

 

辞めたいけどなかなか言い出せない場合

 

短期で退職する場合、なかなか辞めるといいにくいかと思います。

 

そういったケースでは、いきなり来なくなったりする人も少なからずいます。

 

しかし、それはできるだけ辞めましょう。

 

辞めた後にも退職の処理がなかなかできずに転職活動にもかなり影響してしまうので。

 

もし自分で辞めにくいという人は退職代行業者を利用するのも手です。

 

正社員だと5万円となかなか費用がかかりますが、いきなりいかなくなったりして後々揉めるのも

 

かなり精神的にまいるので、逃げるくらいならお金を払って円満に退職することをおすすめします。

 

私が紹介できる退職代行業者は退職代行「EXIT」という業者で、メディアでもかなり取り上げられている実績のある企業です。

 

lineでも相談できるので一度相談だけでもしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

人間関係で栄養士を辞めたい

 

今、この記事を見ているあなたがどの立場で栄養士として働いているのかはわかりませんが、

 

「栄養士の職場はどこも人間関係が悪い!」と思ってはいませんか?

 

大抵はどのような職場にも人間関係の問題は付きまといます。

 

委託の栄養士でも、直営の栄養士でも同様に人間関係の良い職場もあれば悪い職場もあります。

 

私も人間関係を理由に仕事を辞めたことがあり、栄養士の仕事から離れたこともありますが、結局現在も栄養士を続けています。

 

転職を何度か経験した者から言わせると、結局は自分が納得のいく職場を見つけるまでは転職を繰り返すしかないと思います。

 

ちなみに短期で退職しても個人的にはそこまで問題ないと思います。※何度も数ヶ月単位で辞めているとさすがに不味いですが。

 

個人的な話になりますが、私は大学を卒業し、委託給食に就職しましたが10日で辞めたことがあります。

 

そのあと、三ヶ月くらい飲食店のアルバイトをしながら就活しました。実際なかなか決まりませんでしたが、なんやかんやで運良く400床程度の病院に転

 

職することができました。

 

そのあとも一年程度で辞めて栄養士以外の職に就きました。ちなみに栄養とはかけ離れた内容の営業職です。

 

人見知りを直したかったのとコミュニケーション能力を上げたいと思い、あえて違う職種に挑戦してみましたが、案外一般的な常識も学べましたし(医療

 

関係にいるとなかなか一般常識に欠けるので)、良い経験だったなと思っています。

 

その後一年程度で栄養士に戻りたいなと思い、また転職しました。

 

その時はたまたまタイミングが良かったのでまた直営の病院で管理栄養士として採用され、現在もその病院で働いています。

 

現在の病院は小さいですが、休みもかなり多く給料も副主任という役職もあってなかなか悪くはありません。

 

営業職の経験が自分の給料の交渉だったり、クレームの多い患者の対応や医師とのやり取りなどですごく役にたちました。

 

この経験も一つの例に過ぎませんが、どこで働いても人間関係の問題は付いてきます。

 

しかし、納得のいく職場は必ず見つかると思うので、こんなとこ辞めてやる!と思いながらある程度我慢してどんどん転職すればいいと思います。

 

変に体育会系感を出して、無駄な我慢をするなら新しいとこに挑戦する方が絶対にいいです。

 

私は以前、転職する際にハローワークに登録していましたが働きながらだとなかなかうまく就職活動できなかったので転職サイトを併用して使っていました。

 

リクルートの運営するリクルートエージェントでは転職アドバイザーが親身に相談に乗ってくれます。

 

異業種に挑戦するなら転職サイトで相談してみることをお勧めします。

 

おススメです↓
リクルートエージェント

 

 

 

 

労働時間や休日数に不満があって栄養士を辞めたい

 

 

労働時間や休日の少なさで悩んでいる栄養士はとても多いです。

 

仕事自体は好きなのに休みが取りにくい、体力が持たないといったことも長く栄養士をやっていると必ず出くわす問題です。

 

委託給食であれば休日数や労働時間は意外とどうにかなります。

 

「このままならすぐに辞める!」と脅せばいいんです。

 

実際に退職届(必ず日付を書いたもの)を出して、辞めることを公言し、その退職届を職場のどこでもいいので写真を取っておきましょう。

 

よく聞くのが、退職届を受理してくないといった理不尽な行為。

 

基本的には退職届をどのタイミングで出しても労働者の権利として必ず受理しなければいけません。

 

退職届を出したのになかったのとにするのは法律違反になります。

 

退職届を出したこと証拠を残しておくと「証拠があるので」と上司などを脅す武器になりますし、その証拠があるとハローワークで相談するば労働基準局

 

が取り図ってくれます。

 

辞めたくはないけど、この休日数や労働時間はきついという人には、必ず辞めるという意思を伝えれば、ただでさえ人員不足の委託であればほとんど必

 

ずと言ってもいいほど「違う派遣先を用意するから」と言ってきます。

 

しかし、これを守るとは限らないので上司などに一筆書いてもらい証拠をもらいましょう。

 

これで必ず他の派遣先に移動になります。

 

委託給食でエリアマネージャーとして働いていた友人の意見からも間違いありません。

 

直営の職場だと休日数に関しては多いと思うので問題ないと思いますが、労働時間に関しては長いという人も多いでしょう。

 

直営に関してはもう転職するしかないと思います。

 

もちろん、努力すればその職場のルーティーンを変えて、早く帰れるようになるかもしれませんが、かなり大変だと思うので止めた方がいいです。

 

 

 

収入面で栄養士を辞めたい

 

 

収入面に関しては基本的にどこで働いてもやはり栄養士は安いです。

 

かなり臨床の勉強をしていて、自信があるならそれなりの給料も貰えますがそうでもないなら残業などで稼ぐ以外に栄養士で稼げる職場はほとんどないのが事実です。

 

どうしても栄養士として働きたいというならとにかく勉強することです。

 

しかし、栄養士にこだわっているわけではないけど栄養士の資格があるから仕方なく栄養士として働いているだけなら、個人的にはさっさと辞めてしまうこ

 

とをおすすめします。

 

こんなことを言うのもあれですが、栄養士はそこまでメリットの高い職業ではないと思います。

 

好きでもないのに安月給だったり休みが少なかったりすることに意味はありません。

 

さっさと辞めて違う仕事をしてみましょう。

 

意外なところで自分にあった仕事が見つかるかもしれません。

 

どんな仕事をしたいのかわからない、という方には転職の相談に親身に乗ってくれるリクルートエージェントとというサイトがお勧めです。

 

転職のプロが相談に乗ってくれます。私も一度栄養士を辞めて違う職業に付いたときにはお世話になりました。

 

最初は転職サイトなどで就活するのもどうかなと思っていましたが、相手もプロで転職させることでお金をもらっているので驚くほど親身に相談に乗ってく

 

れます。

 

一度試してみてはいかがでしょうか?

 

おススメです↓
リクルートエージェント

 

 

 

人間関係で栄養士を辞めたい

栄養士というかもう仕事自体したくない

 

栄養士という職業にもうんざりして、もう仕事自体なにもしたくない!と思っている人も多いはず。

 

私も一時ニートだったこともあります...。

 

日本人は真面目すぎて限界まで我慢してしまいがちです。

 

そうしてるうち、うつ病などの心の病気にもかかってしまいます。

 

そんなことになるのなら仕事なんて一時しなくても死にはしないので辞めてしまいましょう。

 

私はほんとにうつ病になりそうになったことがありますが、その時は思いきって仕事を辞めて10日間くらい旅行に行きました。

 

栄養士をやっているとなかなか連休も取りにくかったので、行きたいなと思っていてもいけなかったので良かったと思っています。

 

仕事を辞めるのは決して悪ではありません。

 

心が悲鳴をあげているときは、ちゃんと休ませてあげましょう。

トップへ戻る




おすすめサイト