栄養士を辞めたい!栄養士を辞めたいときの理由別対処法

栄養士を辞めたい!栄養士を辞めたいときの理由別対処法

Sponsored Link

栄養士を辞めたいそんなお悩みのあなたに

 

 

栄養士を辞めたい理由別の対処法

 

 

 

 

 

 

 

人間関係で栄養士を辞めたい

 

今、この記事を見ているあなたがどの立場で栄養士として働いているのかはわかりませんが、

 

「栄養士の職場はどこも人間関係が悪い!」と思ってはいませんか?

 

大抵はどのような職場にも人間関係の問題は付きまといます。

 

委託の栄養士でも、直営の栄養士でも同様に人間関係の良い職場もあれば悪い職場もあります。

 

私も人間関係を理由に仕事を辞めたことがあり、栄養士の仕事から離れたこともありますが、結局現在も栄養士を続けています。

 

転職を何度か経験した者から言わせると、結局は自分が納得のいく職場を見つけるまでは転職を繰り返すしかないと思います。

 

ちなみに短期で退職しても個人的にはそこまで問題ないと思います。※何度も数ヶ月単位で辞めているとさすがに不味いですが。

 

個人的な話になりますが、私は大学を卒業し、委託給食に就職しましたが10日で辞めたことがあります。

 

そのあと、三ヶ月くらい飲食店のアルバイトをしながら就活しました。実際なかなか決まりませんでしたが、なんやかんやで運良く400床程度の病院に転

 

職することができました。

 

そのあとも一年程度で辞めて栄養士以外の職に就きました。ちなみに栄養とはかけ離れた内容の営業職です。

 

人見知りを直したかったのとコミュニケーション能力を上げたいと思い、あえて違う職種に挑戦してみましたが、案外一般的な常識も学べましたし(医療

 

関係にいるとなかなか一般常識に欠けるので)、良い経験だったなと思っています。

 

その後一年程度で栄養士に戻りたいなと思い、また転職しました。

 

その時はたまたまタイミングが良かったのでまた直営の病院で管理栄養士として採用され、現在もその病院で働いています。

 

現在の病院は小さいですが、休みもかなり多く給料も副主任という役職もあってなかなか悪くはありません。

 

営業職の経験が自分の給料の交渉だったり、クレームの多い患者の対応や医師とのやり取りなどですごく役にたちました。

 

この経験も一つの例に過ぎませんが、どこで働いても人間関係の問題は付いてきます。

 

しかし、納得のいく職場は必ず見つかると思うので、こんなとこ辞めてやる!と思いながらある程度我慢してどんどん転職すればいいと思います。

 

変に体育会系感を出して、無駄な我慢をするなら新しいとこに挑戦する方が絶対にいいです。

 

私は以前、転職する際にハローワークに登録していましたが働きながらだとなかなかうまく就職活動できなかったので転職サイトを併用して使っていました。

 

リクルートの運営するリクルートエージェントでは転職アドバイザーが親身に相談に乗ってくれます。

 

異業種に挑戦するなら転職サイトで相談してみることをお勧めします。

 

おススメです↓
リクルートエージェント

 

 

 

 

労働時間や休日数に不満があって栄養士を辞めたい

 

 

労働時間や休日の少なさで悩んでいる栄養士はとても多いです。

 

仕事自体は好きなのに休みが取りにくい、体力が持たないといったことも長く栄養士をやっていると必ず出くわす問題です。

 

委託給食であれば休日数や労働時間は意外とどうにかなります。

 

「このままならすぐに辞める!」と脅せばいいんです。

 

実際に退職届(必ず日付を書いたもの)を出して、辞めることを公言し、その退職届を職場のどこでもいいので写真を取っておきましょう。

 

よく聞くのが、退職届を受理してくないといった理不尽な行為。

 

基本的には退職届をどのタイミングで出しても労働者の権利として必ず受理しなければいけません。

 

退職届を出したのになかったのとにするのは法律違反になります。

 

退職届を出したこと証拠を残しておくと「証拠があるので」と上司などを脅す武器になりますし、その証拠があるとハローワークで相談するば労働基準局

 

が取り図ってくれます。

 

辞めたくはないけど、この休日数や労働時間はきついという人には、必ず辞めるという意思を伝えれば、ただでさえ人員不足の委託であればほとんど必

 

ずと言ってもいいほど「違う派遣先を用意するから」と言ってきます。

 

しかし、これを守るとは限らないので上司などに一筆書いてもらい証拠をもらいましょう。

 

これで必ず他の派遣先に移動になります。

 

委託給食でエリアマネージャーとして働いていた友人の意見からも間違いありません。

 

直営の職場だと休日数に関しては多いと思うので問題ないと思いますが、労働時間に関しては長いという人も多いでしょう。

 

直営に関してはもう転職するしかないと思います。

 

もちろん、努力すればその職場のルーティーンを変えて、早く帰れるようになるかもしれませんが、かなり大変だと思うので止めた方がいいです。

 

 

 

収入面で栄養士を辞めたい

 

 

収入面に関しては基本的にどこで働いてもやはり栄養士は安いです。

 

かなり臨床の勉強をしていて、自信があるならそれなりの給料も貰えますがそうでもないなら残業などで稼ぐ以外に栄養士で稼げる職場はほとんどないのが事実です。

 

どうしても栄養士として働きたいというならとにかく勉強することです。

 

しかし、栄養士にこだわっているわけではないけど栄養士の資格があるから仕方なく栄養士として働いているだけなら、個人的にはさっさと辞めてしまうこ

 

とをおすすめします。

 

こんなことを言うのもあれですが、栄養士はそこまでメリットの高い職業ではないと思います。

 

好きでもないのに安月給だったり休みが少なかったりすることに意味はありません。

 

さっさと辞めて違う仕事をしてみましょう。

 

意外なところで自分にあった仕事が見つかるかもしれません。

 

どんな仕事をしたいのかわからない、という方には転職の相談に親身に乗ってくれるリクルートエージェントとというサイトがお勧めです。

 

転職のプロが相談に乗ってくれます。私も一度栄養士を辞めて違う職業に付いたときにはお世話になりました。

 

最初は転職サイトなどで就活するのもどうかなと思っていましたが、相手もプロで転職させることでお金をもらっているので驚くほど親身に相談に乗ってく

 

れます。

 

一度試してみてはいかがでしょうか?

 

おススメです↓
リクルートエージェント

 

 

人間関係で栄養士を辞めたい

栄養士というかもう仕事自体したくない

 

栄養士という職業にもうんざりして、もう仕事自体なにもしたくない!と思っている人も多いはず。

 

私も一時ニートだったこともあります...。

 

日本人は真面目すぎて限界まで我慢してしまいがちです。

 

そうしてるうち、うつ病などの心の病気にもかかってしまいます。

 

そんなことになるのなら仕事なんて一時しなくても死にはしないので辞めてしまいましょう。

 

私はほんとにうつ病になりそうになったことがありますが、その時は思いきって仕事を辞めて10日間くらい旅行に行きました。

 

栄養士をやっているとなかなか連休も取りにくかったので、行きたいなと思っていてもいけなかったので良かったと思っています。

 

仕事を辞めるのは決して悪ではありません。

 

心が悲鳴をあげているときは、ちゃんと休ませてあげましょう。

トップへ戻る



おすすめサイト