管理栄養士 大学 授業内容

全国管理栄養士養大学・専門学校一覧

Sponsored Link

管理栄養士 大学 授業内容・カリキュラム

 

大学で管理栄養士国家試験を受けるためには、管理栄養士取得に必要な定められた科目の単位を取らなければいけません。

 

基本的には大学を卒業するために必要な科目(外国語などの一般科目)+国家試験を受けるために必要な科目の単位を取らなければならず

 

一般的な大学とは違い授業数も多くなるのが特徴です。

 

そのため大学生になってから思っていた以上に授業数が多く、苦労したという管理栄養士も少なくありません。

 

また学ぶことは理系科目が多く、実験などの授業も多いです。

 

3〜4回生になると国家試験対策の授業や病院や施設などの臨地実習が始まるため、一般的な授業は少なくなりますが4年間通して忙しいといえます。

 

同じ目標を持つ同級生たちと学んでいくため、やりがいはとてもあります。

 

当記事で必須科目の内容を記載しているので

 

どのような授業があり、どのような内容なのか事前に見てみましょう。

 

管理栄養士を受験するための必須科目

 

管理栄養士 大学の授業内容とカリキュラム(2年次)

 

 

 

管理栄養士を受験するためのの必須科目

 

社会・環境(人間や生活)
と健康

 

人体の構造と機能
疾病の成り立ち
食べ物と健康

 

基礎栄養学
応用栄養学
栄養教育論
臨床栄養学
公衆栄養学
給食経営管理論
総合演習
臨地実習

 

 

 

 

 

 

 

社会・環境(人間や生活)と健康

 

社会環境と健康との関係を理解するとともに、保健・医療・福祉・介護システムの概要について修得する分野です。

 

実際に大学で学ぶ際の授業名は公衆衛生学や公衆栄養学などが一般的です。

 

1.公衆衛生学

 

公衆衛生学はざっくりいうと集団の健康に関する分析や調査を行うための分野です。

 

実際の授業では公衆衛生の歴史や研究方法、統計方法などを学びます。

 

あまり面白い分野ではありませんが、管理栄養士にも必要な知識の一つです。

 

国家試験の出題例から見る公衆衛生学

 

1)水道水の水質基準において、「検出されないこと」とされているものである。
正しいのはどれか、一つ選べ。

 

@ 一般細菌

 

A 大腸菌

 

B 水銀

 

C 放射性セシウム

 

5 トリハロメタン

 

正解 A

 

解説 @は1mlの懸垂で形成される集落数が100以下と規定
    Bは0.0005mg/L
    C10Bq/kg
    D0.1mg/L

 

2)2011年以降の我が国の人口に関する記述である。正しいのはどらか一つ選べ。

 

@ 総人口は、約1億1千万円人である

 

A 自然増減数は、マイナスである

 

B 合計特殊出生率は、減少している

 

C 従属人口指数は減少している

 

D 人口構造は、ピラミッド型を示している

 

正解 A

 

解説 @令和元年12月1日の総人口は1億2600万人で、ここ数年は減少傾向にある
    B合計特殊出生率は増加している
    C従属人口指数は増加している
    Dつぼ型である

 

国家試験ではこういった問題が出題されます。

 

1)では一般的な水道水の水質を保つために定められた基準に関する問題で、どのような物質がどの範囲で規定されているかを覚えなければいけません。

 

2)では日本における人口の減少率や出生率などに関する問題です。そういった国が調査していることも学ばなければなりません。

 

2.公衆栄養学

 

公衆栄養学は集団における健康、特に栄養に深堀したt分析や調査を学びます。

 

国家試験の出題例から見る公衆栄養学

 

栄養疫学研究の内容と研究デザインの組み合わせである。正しいのはどれか一つ選べ。

 

 

 

 

トップへ戻る




おすすめサイト