食育アドバイザー 食のおすすめ資格

食育アドバイザー

Sponsored Link

人気No1 食育アドバイザー

 

現役管理栄養士がおすすめする食関連資格!

 

家庭での育児や個人で料理教室などの開催にも役立つ資格です!!

 

 

食育アドバイザー

 

 

 

 

 

最近では食育という言葉をよくTVなどのメディアでも耳にすることがよくあります。

 

実際に食育というものを小学校などでも行っているところも多いのではないでしょうか。

 

食育アドバイザーは、食育に関する知識健全な食生活を実践する力

 

個人個人で手に入れ食育活動を行うスペシャリストを育成を目的とした民間資格です。

 

一般財団法人日本能力開発推進協会が主催しています。

 

特に今は家庭での食育が大切だといわれています。

 

というのもインスタント食品やコンビニの弁当などで食事を済ませる家庭も多く、

 

それが将来どのような影響を及ぼすのかを知らないまま育つという悪い習慣があるためです。

 

管理栄養士の私からしても、実際に全くとして栄養や食の知識を持っていない方を何人も見てきました。

 

ただ、そういった現代社会においても、こういった一般の企業が受け持つ民間資格や講座を通して

 

一般の方でもやさしく食や栄養の知識を学べる機会が増えています。

 

食育と聞くと子供のためだけだと考えがちですが、子供のためだけでなく

 

お年寄りの食や栄養面までカバーすることができます。

 

以前は病院で管理栄養士として働いていたときに栄養指導を患者様に行っていましたが、

 

病院での30分程度の指導だけではなかなか栄養の管理をできるようにならない方も多かったです。

 

やはり家庭での食育も絶対に必要不可欠なのです。

 

 

 

食育っていったいなんなの?

 

食育とは農林水産省が推奨する食に対する考え方で

 

「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得することで、

 

健全な食生活を実現することができる人を育てることをいいます。

 

日本では2005年に食育を推進するために食育基本法を定めました。

 

しかしながら実は「食育」という言葉は明治29年、

 

今から120年以上も前に軍医の方がすでに提唱していました。

 

それが食の複雑化や家庭環境の変化、生活習慣病の増大などをうけ、

 

政府が健康な食生活を送るために必要な知識を一般の方でも受け入れやすいように

 

「食育」という言葉を現代で推進しました。

 

食育とは単なる料理の知識や技術の教育ではなく、食に対する心持や栄養面、

 

食文化などについての総合的な食教育です。

 

食育アドバイザーのパンフレットを請求する⇒食育アドバイザー

 

食育アドバイザーを取得するメリット

 

1、子供・お年寄りを問わず家族の食育のため
安心・安全な食材の選び方や栄養バランスを考えた食事作りなどご家庭で実践できる知識をしっかりと学べます。

2、料理教室などの開催
最近では一般の主婦が開催する料理教室も数多くあります。インターネットの普及で集客方法が簡単で単価を安く設定できるため料理がお好きな主婦に人気です。ただ、やはりそういった個人での教室などを運営するにあたり、人と差をつけるためには、栄養面や食材の選択といった+αの
知識を身につけて料理教室もグレードの高いものになります。

3、セミナー講師など、ビジネスの開催
食育に興味を持つ方は沢山いますが、自身で勉強となるとやはりなかなか難しいものです。そのため、一般の方向けに食育を勉強してそれを広める活動を
礎にセミナーなどのビジネスを展開ができます。

4、保育園や教育現場で生かす
保育園や小学校ではアレルギーの問題で色々と大変な思いをすることが多々あるかと思います。自分自身のキャリアアップをはかることが可能になり、今よりもいい職場へのキャリアチェンジもしやすくなります。

5、飲食や食品業界で生かす
すでに飲食や食品業界で働いている人はもちろん、そういった業界で働きたいと考えている学生さんにもおすすめです。

6、福祉や医療現場で生かす
管理栄養士としてももっと看護師やヘルパーなどの職種の方にも栄養や食の知識を持ってほしいと常々思います。昨今医療や福祉の現場においても栄養面はかなり重要視されていて実際に役に立つ場面も多くあります。現役の管理栄養士から見た食や栄養に関する資格のメリット現役管理栄養士である管理人からしても一般の方が食や栄養に関する資格を取ったり勉強することはすごくおすすめです。最近では食の欧米化や多様化によって、生活習慣病も毎年増え続けています。しかしながら、病気になってからではもはや予防は不可能です。患者様に指導するにあたって、やはり病気になった時点で進行を食や栄養面の管理だけでは不可能になっています。しかも私たち管理栄養士は基本的に病気になっていない人には栄養面の指導を行うことはありません。
小学校などで栄養士が子供たちに指導を行うことはあっても、私個人の考え的には家庭で食事や栄養面を食を通じて子供たちに教えることが何よりも必要だと思っています。「なぜ野菜を食べなければいけなのか」
「なぜカップラーメンやお菓子を食べすぎてはだめなのか」
あなたは子供に説明できますか?なかなか難しいことだとおもいます。しかし、子は親をみて育つもの。親が知らない、興味のないことには子供もなかなか興味をもちません。
やはり家庭での食育がなによりも大切なのです。身近なところでも活かすことができます。

 

食育アドバイザーのパンフレットを請求する⇒食育アドバイザー

 

費用はどのくらいかかるの?

 

食育アドバイザーの費用

ネットからのお申し込みで1万円割引!

 

一括払い 36,000円 

 

分割払いも可能で月々1,880円×24回

 

※通常価格46,000円/分割払い2,400×24回

 

食育アドバイザーのパンフレットを請求する⇒食育アドバイザー

 

受講期間と試験について

 

基本的には初学者で3か月が目安になっています。

 

三か月で食育を総合的に学べます。

 

ガイダンスDVD付きで、初めに各テキスト・DVDごとの

 

学習の進め方や学び方をわかりやすく紹介してくれます。

 

はじめに全体の学びの流れを確認することで、初学者の方でも

 

効率よく、スムーズに学んでいくことができます。

 

(実際、栄養系の大学の講義よりわかりやすく丁寧?)

 

試験に関しては自宅で受験できるので都合がいいとき、

 

好きな時に行うことができます。忙しい方にも最適な試験です。

 

 

学習の流れ

 

【一か月目】

基礎から学ぶ〜食育指導のための基礎的な知識〜

食育の目的から始まり、食育に関する基礎的な知識と

 

栄養面に関する基礎的な知識を学びます。

 

学習項目1例

 

・食欲をはぐくむ重要性 
・1日三回の食事の重要性
・共食の重要性と孤食の問題点
・おやつの重要性
・食育マナー・フード
・栄養と栄養素
・食事摂取基準
・1日に必要なエネルギー料
バランスの良い食事、献立 等々

 

実際には20項目ほどあり、週に4〜5日程度時間をみつけて

 

学ぶ流れになります。

 

 

【二か月目】

実践力を身につける!〜安心・安全な食品の選び方〜

食品添加物や有害物質、遺伝子組み換え食品などの基礎的な知識を学び、

 

お菓子や調味料、加工食品など身近だけど意外と知られていないような食品を

 

32種類に渡る食品例を見ながら選択方法や注意点などを具体的に学びます。

 

また、DVDでプロが実際に使用している野菜や肉、魚などの食品の目利き方法を

 

実際に見て学ぶことができます。

 

学習項目1例

 

・食品添加物の種類、使用目的・食品添加物の食品表示
・食品添加物の食品表示・表示の見分け方
・32種類の具体的な食品の注意点や選択するときのポイントについて

 

など、やや難易度の高い項目になり学びがいがあります。
実際に学校やメディアでもあまり取り扱わない内容でとても勉強になります。

【三か月目】

 

指導力を身につける〜食育活動方法を学ぶ〜

個人で料理教室やセミナーを行う実践的な方法を学びます。

 

実際に行われている30の食育活動例を見て、食育アドバイザーとして

 

どうやって活動していけばいいかを学びます。

 

学習項目1例
・食育活動への参加・食育活動ネットワークの構築
・NPO法人の探し方・食育活動事例など

 

三か月目はこれまで学んだ知識をどのように活かせばいいのかを

 

学べる内容になっています。

 

食育アドバイザーのパンフレットを請求する⇒食育アドバイザー

 

食に関する資格ランキング

 

そしてできればその知識を自分だけのために使わず、


料理教室やセミナーなどの開催で広めていくことを願います。


資格を取るメリットとして、何も名乗らずに一般の人間として


料理教室やセミナーで説明をしても、やはり説得力はありません。


こういった勉強をしてこういった資格を取得している人としての


発言力とは天と地との差があります。


自分自身で何かを発信してみたいという人にはおすすめです。


ちなみに今では実際に教室などを借りたりせずとも


YouTubeやInstagram、TwitterなどのSNSを使って行うこともできます。


私も実際にこういったサイトで情報発信を行っています。


ご興味のある方は是非、パンフレットだけでも請求してみてください。

トップへ戻る




おすすめサイト