新卒 管理栄養士の就職活動

新卒 管理栄養士の就職活動

Sponsored Link

新卒管理栄養士の就職活動 2020年

 

・管理栄養士 職種別の就活方法 職種別の給料

 

・管理栄養士の学科から一般職への就職活動

 

・管理栄養士の就活・転職│面接対策│逆質問集

 

・新卒管理栄養士の給料・年収 職種別

 

・管理栄養士として働くメリット

 

・おすすめの大学時にとれる栄養系の民間資格

 

・大学時に始める管理栄養士でもできる副業やビジネス

病院 管理栄養士 
就活

老人ホーム 
管理栄養士就活

保育園
管理栄養士

小中学校の管理栄養士(栄養教諭) 料理教室の講師

委託給食の
管理栄養士

社員食堂の
管理栄養士

公務員の管理栄養士

インストラクター
の管理栄養士

大学専門学校の教員 商品メーカーの管理栄養士 サプリメント販売員の管理栄養士

ドラッグストアの
管理栄養士

スポーツ栄養の管理栄養士

企業専属
の管理栄養士

特定保健指導の
管理栄養士

治験コーディネーターの管理栄養士

その他の仕事
の管理栄養士

新卒・第二新卒管理栄養士 就職活動 老人ホームの・介護施設編

⇒新卒管理栄養士 老人ホームへ就職する難易度

 

⇒新卒管理栄養士の老人ホーム就職活動の方法

 

⇒委託給食から老人ホームへ転職は??

 

⇒管理栄養士が老人ホームで働くメリットデメリット

 

⇒老人ホームで働く管理栄養士の給料は?

 

新卒の管理栄養士の老人ホームへの就職の難易度は高い?

 

新卒管理栄養士の場合、老人ホームへの就職はある意味ハードルが高いです。

 

老人ホームの種類に関わらず、管理栄養士の配置が一人だったり多くても二人体制で

 

そのほとんどの施設で委託給食が入っているため,経験者を募集していることが多く、

 

新卒で老人ホームに就職するのはかなりハードルが高いです。

 

そのかわり、病院と比較して臨床分野での仕事はあまりないため

 

委託からの転職は病院と比べるとグッとハードルが低くなります。

 

しかし、よく話を聞くのが転職が決まっていざ仕事が始まると

 

前任の管理栄養士がすでに辞めていて引き継ぎないという事態です。

 

施設を一人で管理している管理栄養士は孤立する場合も多く、

 

それを苦に後任が決まるまでに辞めてしまっているということは実際にあるそうです。

 

もし運よく新卒で老人ホームに就職が決まった際はしっかりと雇用条件や

 

前任や先輩が自分が仕事をするまでいるかどうか確認はしておきましょう。

 

家族経営で経営している老人ホームも数多くあり、稀にブラックな職場もあるので

 

大学の教員などにしっかりと相談して決めるとよいでしょう。

 

新卒管理栄養士の病院就職活動の方法

 

新卒の管理栄養士が老人ホームへ就職するにあたり方法としては大きく4つあります。

1、インターネットで探す(就職斡旋サイトの利用)

 

2、大学の紹介

 

3、ハローワークに登録する

 

1、インターネットで探す(就職斡旋サイトの利用)

 

老人ホームは比較的新卒の募集は少ないです。

 

しかし、少なからず就職斡旋サイトなどに新卒の募集があるため要チェックです。

 

このサイトは介護施設をメインにしているサイトで栄養士・管理栄養士の求人も多くはありませんが若干ありますので登録だけでもしてみてください⇒カイゴジョブ

 

2、大学の紹介

 

病院と同様、一般的な就職活動ですが、大学の掲示板や就職課などの紹介で応募する方法です。

 

ただ、大学によっては全くといっていいほど老人ホームからの求人が出ないこともあります。

 

実際に私の大学もほとんど老人ホーム・介護施設の求人はありませんでした。

 

あまり期待せずに色々な方面からのアプローチ方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を考えておきましょう。

 

3、大学の教員に直接紹介してもらう

 

臨床栄養系の教員は元々病院での実務を経験し、様々なコネを持っていることもあります。

 

そのため自分の就職先と深い関わりのある教員としっかりとコミュニケーションを取っておくことも重要です。

 

授業中もそうですが、授業終わりなどに就職の相談を逐一しておきましょう。

 

知り合いの管理栄養士から求人がある場合に優先的に話を通してくれる場合もあります。

 

ただ、紹介に関してはデメリットももちろんあります。紹介で就職すると何らかの理由があったとしても

 

辞めにくいという点ではデメリットになります。そこを踏まえた上で行いましょう。

 

4、インターンシップ先でアプローチしておく

 

大抵の大学の場合はインターンシップがあると思います。

 

老人ホームや病院、保育園など、自分に興味のあるインターンは積極的に参加しましょう。

 

実際、私の場合はタイミングが悪かったですが、インターン先の管理栄養士と連絡先を交換していたので

 

私が他で仕事をしているときに求人の連絡をいただいたことがありました、

 

そういった繋がりは後々でも役に立ちますので大切にしておきましょう。

 

 

委託給食から病院へ転職は??

 

病院の求人が少ないために大学の教員は委託で経験を積んでから病院へ転職することを

 

勧めてくることがあります。

 

それは間違ってはいませんが、ギリギリまで病院の就職活動を行うようにしましょう。

 

最悪の場合、委託給食の内定を蹴ってしまっても問題ありません。

 

将来がかかっているのでそこは強気でいきましょう。

 

実際、委託給食で経験を積んでからよりも、小さい病院であっても栄養指導などの

 

基本的な管理栄養士の業務を行っている職場で経験を積み、

 

その後大きな病院の求人に挑戦する方法が最も効率がいいと思います。

 

 

管理栄養士が病院で働くメリット・デメリット

 

メリット

 

管理栄養士が病院で働く最大のメリットとして、転職や再就職に最も有利な点があります。

 

ある程度病院で経験を積んでおけば、老人ホームなどに転職する場合も比較的容易になります。

 

そして出産や育児などで仕事を辞めてしまっても以前に経験さえあれば再就職は本当にしやすいです。

 

他にも転職の幅が広がるという点も大きいです。

 

例えば、治験のコーディネーター保健指導員など病院で経験を積んでいないと就職するのは難しいです。

 

臨床の知識を最低限でももっていると色々な仕事で幅が広がります。

 

デメリット

 

病院で働く場合、特に最初の1年はかなり仕事がつらくなるかもしれません。

 

大学では管理栄養士の資格に受かることだけを重要視しているので、実際に働いてみると

 

知らなかったことばかりで本当に大変な思いをする管理栄養士は少なくありません。

 

臨床の知識も習ったことを実際にどう活かすのかは大学では教えてくれないので

 

すべて一からのスタートといった感じになりますが、現場は甘くありません。

 

資格を持っている=プロフェッショナル ということで働かされます。

 

日本における管理管理栄養士の大学の問題点だと私は思っていますが。

 

 

 

病院 新卒管理栄養士の給料

月給14〜20万円(基本給になります。資格手当等含まず)    

 

賞与(ボーナス) 1〜5カ月  

 

年収 220〜400万円程度

 

一般的に小規模病院の病院では収入が低くなる傾向にあります。

 

私が一年目に働いた病院は400床程度で、基本給が18,9万円で

 

賞与が2,5か月、残業が多かったので月給は30万円を超すこともありました。

 

それでも年収は350万円程度でした。

 

一般企業のサラリーマンと比較しても同様程度の収入はもらえていました。

管理栄養士の就職活動 病院編

⇒新卒管理栄養士 病院へ就職する難易度

 

⇒新卒管理栄養士の病院就職活動の方法

 

⇒委託給食から病院へ転職は??

 

⇒管理栄養士が病院で働くメリットデメリット

 

⇒病院管理栄養士の給料は?

 

新卒の管理栄養士の病院への就職の難易度は高い?

 

新卒管理栄養士の場合、病院への就職は最もハードルが高いです。

 

まず100〜200床程度のベッド数がある小中規模の病院のほとんどが経験者を募集しています。

 

200床以上の中から大規模の病院に関しては一般公募はほとんど行われておらず、

 

一部の有名な大学に限って求人を出す場合がほとんどです。

 

そのため、大学の教員のほとんどは「委託給食で経験を積んでから病院に転職する」と

 

口をそろえて言われることがほとんどでしょう。

 

しかしながら、昨今の実際の現場では給食管理と臨床栄養管理の明確な区分けを

 

行っている場合も多く、委託でいくら給食管理の経験を積んでいても

 

しっかりとした臨床栄養管理を行っているような病院に転職はかなりの難易度になります。

 

また、そもそも病院の管理栄養士自体の求人数が少ないという点もあります。

 

そのため、病院へ就職を考えている学生はかなり早い段階でどういった方法でアプローチしていくかを

 

考えている必要があります。

 

 

新卒管理栄養士の病院就職活動の方法

 

新卒の管理栄養士が病院へ就職するにあたり方法としては大きく4つあります。

1、直接病院のHPで探す

 

2、大学の紹介

 

3、大学の教員に直接紹介してもらう

 

4、インターンシップ先にアプローチする

 

1、直接病院のHPで探す

 

新卒の管理栄養士が就活するにあたりこの方法は意外と一般的です。

 

特に中〜大規模な病院では一般公募で大学やハローワークで求人をかけてしまうと

 

ありえない人数の応募者が集まってしまためです。

 

私もいくつかの病院にこの方法で応募しました。

 

自分が通える範囲の病院で尚且つ、HPがしっかりとしている病院を探してみましょう。

 

いつ求人がHPに載るかはわからないので、気になった病院のHPをブックマークしておき

 

たまに見ておくと急に求人情報が載っていたりします。

 

この方法ですら、数十人も応募者が来ることもあったりするので簡単ではありませんが、

 

やっておいて損はないと思います。

 

2、大学の紹介

 

一般的な就職活動ですが、大学の掲示板や就職課などの紹介で応募する方法です。

 

ただ、大学によっては全くといっていいほど病院からの求人が出ないこともあります。

 

実際に私の大学も全く病院の求人はありませんでした。

 

あまり期待せずに色々な方面からのアプローチ方法を考えておきましょう。

 

3、大学の教員に直接紹介してもらう

 

臨床栄養系の教員は元々病院での実務を経験し、様々なコネを持っていることもあります。

 

そのため自分の就職先と深い関わりのある教員としっかりとコミュニケーションを取っておくことも重要です。

 

授業中もそうですが、授業終わりなどに就職の相談を逐一しておきましょう。

 

知り合いの管理栄養士から求人がある場合に優先的に話を通してくれる場合もあります。

 

ただ、紹介に関してはデメリットももちろんあります。紹介で就職すると何らかの理由があったとしても

 

辞めにくいという点ではデメリットになります。そこを踏まえた上で行いましょう。

 

4、インターンシップ先でアプローチしておく

 

大抵の大学の場合はインターンシップがあると思います。

 

老人ホームや病院、保育園など、自分に興味のあるインターンは積極的に参加しましょう。

 

実際、私の場合はタイミングが悪かったですが、インターン先の管理栄養士と連絡先を交換していたので

 

私が他で仕事をしているときに求人の連絡をいただいたことがありました、

 

そういった繋がりは後々でも役に立ちますので大切にしておきましょう。

 

 

委託給食から病院へ転職は??

 

病院の求人が少ないために大学の教員は委託で経験を積んでから病院へ転職することを

 

勧めてくることがあります。

 

それは間違ってはいませんが、ギリギリまで病院の就職活動を行うようにしましょう。

 

最悪の場合、委託給食の内定を蹴ってしまっても問題ありません。

 

将来がかかっているのでそこは強気でいきましょう。

 

実際、委託給食で経験を積んでからよりも、小さい病院であっても栄養指導などの

 

基本的な管理栄養士の業務を行っている職場で経験を積み、

 

その後大きな病院の求人に挑戦する方法が最も効率がいいと思います。

 

 

管理栄養士が病院で働くメリット・デメリット

 

メリット

 

管理栄養士が病院で働く最大のメリットとして、転職や再就職に最も有利な点があります。

 

ある程度病院で経験を積んでおけば、老人ホームなどに転職する場合も比較的容易になります。

 

そして出産や育児などで仕事を辞めてしまっても以前に経験さえあれば再就職は本当にしやすいです。

 

他にも転職の幅が広がるという点も大きいです。

 

例えば、治験のコーディネーター保健指導員など病院で経験を積んでいないと就職するのは難しいです。

 

臨床の知識を最低限でももっていると色々な仕事で幅が広がります。

 

デメリット

 

病院で働く場合、特に最初の1年はかなり仕事がつらくなるかもしれません。

 

大学では管理栄養士の資格に受かることだけを重要視しているので、実際に働いてみると

 

知らなかったことばかりで本当に大変な思いをする管理栄養士は少なくありません。

 

臨床の知識も習ったことを実際にどう活かすのかは大学では教えてくれないので

 

すべて一からのスタートといった感じになりますが、現場は甘くありません。

 

資格を持っている=プロフェッショナル ということで働かされます。

 

日本における管理管理栄養士の大学の問題点だと私は思っていますが。

病院 新卒管理栄養士の給料

月給14〜20万円(基本給になります。資格手当等含まず)    

 

賞与(ボーナス) 1〜5カ月  

 

年収 220〜350万円程度

 

一般的に小規模病院の病院では収入が低くなる傾向にあります。

 

私が一年目に働いた病院は400床程度で、基本給が18,9万円で

 

賞与が2,5か月、残業が多かったので月給は30万円を超すこともありました。

 

それでも年収は350万円程度でした。

 

一般企業のサラリーマンと比較しても同様程度の収入はもらえていました。

トップへ戻る




おすすめサイト