出題傾向の把握 社会・環境と健康

病院管理栄養士が教える国家試験勉強法

Sponsored Link

 

 

出題傾向の把握 社会・環境と健康

 

社会・環境と健康 概要

 

概要

出題数

20問(28年度より17問)

内容

健康管理論+公衆衛生学

難易度

 

勉強期間

1〜2か月

出題範囲

狭い

社会・環境と健康は毎年同じような問題が多く、出題範囲も狭いため勉強しやすい科目です。

 

出題数が20問と比較的多いため、点数が取りやすくなっています。
Sponsored Link

勉強方法と対策

 

この科目に至っては、勉強期間が2カ月もあれば十分だと思います。

 

過去問を解き、解説を見ながら必要な知識を補充していく方法で勉強し、QBで詳しい解説を読みながら暗記していきます。

 

何度か過去問を解けば、ある程度内容の把握ができ、どこを覚えていけばいいか簡単にわかると思います。

 

出題傾向の把握

まずはこちらを見てください⇒問題の概要と出題数

 

これは社会・環境と健康の過去五年分の問題を整理したもので、大まかにどういった内容が5年間で何度出題されたかを示しています。

 

左一番上の欄を見てみると、『研究の方法と疫学指標』に関する問題は、過去5年間で11問出題されたとなっています。

 

これを見つつ、大まかでいいので出題傾向を把握してみてください。

 

『喫煙・たばこ』に関した問題も毎年出題され、頻出問題となっています。

 

出題傾向を把握することで、どこに時間をかけて勉強すればいいのかがわかると思います。

 

ただし、山を張って勉強するという意味ではないので注意してください。

 

あくまでどこを入念に勉強しておけばいいのかを把握するためのものになります。

 

もう少し具体的な問題の内容はこちら⇒年代別の出題内容

 

この表は問題数を整理する前の内容で、もう少し詳しく出題内容が載っていますので、こちらも参考にしてください。

トップへ戻る




おすすめサイト